FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
准一(GR) with 井上雄彦 & 浦沢直樹
Growing Reed里曾经出现过的3位漫画家和1位动画监督
井上雄彦 & 浦沢直樹 & 高橋陽一 & 富野由悠季
4位都是动漫届响当当的大人物
虽然GR里的嘉宾向来都是很有分量的人
不过感觉那么亲切又了解的 果然还是动漫届啊

富野由悠季与Gundam 高橋陽一与足球小将
即使没有看过的人也至少听过吧

而前两位则是我大爱的漫画家井上雄彦和浦沢直樹
井上的slamdunk和浦沢的Monster对我来说是2部神作
浪客行也是神作 不过 一没完结 二神作的领域不同
20世纪少年也喜欢 不过更喜欢前面 pluto也超赞的
看到自己喜欢的漫画家和喜欢的小准对谈是件很享受的事情

准一曾说过他看漫画的时候会很留意分镜
会有觉得分镜强大到可以去做导演的人
这2位绝对是有这个才能的


除了以上4位外还有1位动漫届的重量级人物出现过:鈴木敏夫先生
也许看名字不熟悉 不过只要说出一个词就可以了:吉卜力
鈴木先生是吉卜力工作室的现任董事长 擔任過許多影片的製作人
随便列举几部:红猪 侧耳倾听 幽灵公主 千与千寻...
鈴木先生原是间书店的编辑人
基本上从82年的风之谷开始就参与了每一部吉卜力的作品
吉卜力工作室是由间书店85年出资建立的 后来鈴木先生就转入吉卜力工作了
1991年成为了吉卜力的常务董事
吉卜力工作室也沉沉浮浮过一段时间 在05年正式脱离间书店 由鈴木先生出任董事长一职
小准还因为这次的对谈有机会为"地海战记"的主角配了音
顺带一提小准最喜欢的吉卜力动画是"幽灵公主"


2007/06/24「生きるってなんですか?」
Guest:井上雄彦


有聊到当年slamdunk完结的事情
SD完结后井上2年没有做任何事 确实画完这样一部作品后是需要沉淀下的

岡田「ガラッと変わったのはなぜですか?」
井上「スラムダンク後の2年間には何もないですよ(笑)。あの~、バガボンドの小次郎編があったじゃないですか。20巻くらいで終わるんですけど、あのシリーズで『ダメだぁ、これ以上進めない』ってなっちゃったんです」
岡田「それは自分としての限界とかですか?」
井上「う~ん…、ある限界は感じましたね。あそこで1度休んだんですよ、1年くらい。それでその後からガラッと変わってるんですよね、21巻から」

节目后井上的留言:
井上「きっと、これからもっと色んなものを作ったり表現したり、もっと自分をさらけ出してやっていかれるだろうと思うんですけど、同じ表現する仕事をしている人間として、深いところを見ているなと思うし、やっぱり作り手側のモチベーションだったり、一番根っこの部分に興味があるんだなって思いましたね」


2009/02/22 マンガ家、浦沢直樹は、どうやって出来たんですか?
Guest:浦沢直樹


问人要签名的小准很可爱
岡田「ありがとうございます。あとで、サイン下さい。」

看到这几句很高兴 后来想想他10代时对心理学感兴趣也许也是受了浦沢作品的影响
岡田「僕、『MONSTER』大好きで・・・」
岡田「うーん。僕、もう『パイナップルARMY』から好きですから。」
岡田「『PLUTO』を描かれて・・・なん、でしょうねぇ。あれは、でも原作よりは、その、浦沢さんが描かれた『PLUTO』の方が、僕は、すごい、と思うんですよ。」

小准还问浦沢为什么不自己导演20世纪少年电影版
后来还问他有没有想过以后去做电影导演
你是有多想参演他导的作品啊

节目后浦沢的留言:
あの鋭い目で、やっぱり、いろいろと見抜いてますね。『おっ!感づいてたな』っていう事が、多かったですね。結構ね、隠し絵のように、いろんなものが、意地悪く隠してあるところに、岡田さんは、相当、気付かれているような感じがしましたね。
まあ、僕も、こう、楽しいことを・・・描くことで楽しむっていうことを、やってますから、みなさんは、この、読むことで、楽しむっていうものを、提供できたらいいなぁと思ってますけど。

今年年初去日本时收了上面2本杂志 BRUTUS那本是井上专辑 太赞了
可惜井上大师的画展时间不对 没有能看到
下面那本ANOTHER MONSTER是Monster的里话 之前在网上看过别人翻译过头3章
完全像谜一样 说Monster其实是按照国的真实事件改编的 非常玄乎 之后的翻译章节一直没看到
当年还因此去查了很多报导 甚至去图书馆翻了很多年前英国和国的新闻报纸 结果几乎没什么收获
传言写这本书的人失踪了 当然可信度是多少就各位自己判断吧 总之是本很微妙的书
我还没开始看 默
SD & Monster

以上
スポンサーサイト
[2010/06/05 23:42] | 岡田准一/V6 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<世界篇花絮片断 欢乐篇 | ホーム | 准一 2002-2009 Con>>
コメント
e-409
e-427
[2010/06/08 14:50] URL | BACI #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://imiris.blog35.fc2.com/tb.php/116-274815fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。